猫に関する悩み

猫に秋刀魚ってどうなんだろう?調べてみた。

「猫に秋刀魚って与えて大丈夫なんだろうか?」気になったので調べてみました。

猫に秋刀魚ってどうなんだろう?

猫に秋刀魚は大丈夫。

猫に秋刀魚を与えるのは基本的には大丈夫みたいです。

猫に秋刀魚を与える上で気を付けることは何があるだろう?

火を通す(生で与えない)。

生だと何があるかわからないのでしっかりと火を通した秋刀魚を与えましょう。

骨を取り除く。

秋刀魚の骨は細かく柔らかいため、簡単に呑み込めてのどに刺さったりすることがあるようなので猫に与える前に骨は取り除いた方がいいそうです。

味付けNG(塩、醤油など)。

塩分が濃すぎると腎臓病などの病気の原因となる可能性があるようなので味付けされたものは辞めた方がいいそうです。

お湯で煮ると塩抜きできる。

既に秋刀魚に塩分がついている場合はお湯で煮ると塩抜きできるようです。私は怖いのでお湯で煮て塩分を抜いた秋刀魚は上げません。

刺身を与える場合は量に注意

生の魚にはビタミンB1を壊す酵素が含まれているため、ビタミンB1欠乏症に陥る可能性があるそうです。ビタミンB1欠乏症に陥ると、最悪の場合死に至りるようです。少しなら問題ないようですが、多量の秋刀魚を与えたり、少量でも毎日秋刀魚を与えたりするのは辞めた方がいいそうです。刺身=生なのでビタミンB1欠乏症以外にも怖い要素はあるので心配な方は刺身自体やめておきましょう。

内臓を取る。

内臓にはアニサキスが寄生している可能性があるため、猫には与えない方がいいそうです。しかし、生の秋刀魚に限った話で、焼いた秋刀魚は問題ないそうです。

生じゃなくても多量はNG。

秋刀魚はカロリーが高くて脂ものっているので猫が食べ過ぎると肥満の原因になるようです。

肥満猫に多い病気として有名なのが黄色脂肪症

肥満猫に多い病気として有名なのが黄色脂肪症だそうです。イエローファットと呼ばれていてビタミンE不足により脂肪が酸化し炎症する病気のようです。黄色脂肪症の原因はさんまなどの青魚の食べ過ぎと言われているようです。

毎日大量に食べないと発症しにくいという獣医師もいるが

毎日大量に食べないと発症しにくいという獣医師もいるそうですが、やっぱり猫用のご飯以外は少量かそもそもやらないのがベストだと思います。

猫に秋刀魚を与える効果ってあったりするのかな?やっぱり猫用ごはんオンリーがいいのかな?

心筋症や血管が詰まる病気の予防に繋がる。

エイコサペンタエン酸(EPA)と呼ばれる秋刀魚の脂肪は血液をサラサラにしてくれる効果があるので心筋症や血管が詰まる病気の予防につながるそうです。

秋刀魚好きの猫には、たまにですが少量の秋刀魚を与えるといいかもしれません。