猫の豆知識

日本で猫がペットとして飼われ始めたのはいつ頃から?

「日本で猫が飼われ始めたのはいつから何だろう?」

日本で猫が飼われ始めた時期についてこの記事では紹介しています。参考にしてみてください。

猫が日本にやってきたのは飛鳥時代

猫が日本にやってきたのは飛鳥時代と言われています。最初は日本に猫はいなかったみたいです。元はシルクロードを経て中国にやってきてそのあとに日本に…という流れで猫が入ってきたみたいです。

日本で猫がペットとして飼われ始めたのはいつ頃から?

日本で猫が飼われ始めたのは平安時代からのようです。

日本で最初にペットとして猫を飼ったのは宇多天皇

日本で最初にペットとして猫を飼ったのは宇多天皇だそうです。

宇多天皇は無類の猫好き

宇多天皇は無類の猫好きだったそうで、遺されている日記には愛猫への賛美が溢れているそうです。

高貴な人々によってペットとしての室内飼いが主流に

平安時代に初めて猫が飼われただけでなく、高貴な人々の間では既に主流になっていたそうです。

平安時代の一般家庭では、ペットとして猫は飼われていなかった。

平安時代の一般家庭では、猫はまだペットとして飼われてはいなかったそうです。

害獣駆除の目的としては平安時代よりも前から飼われていた。

穀物やお寺の経典などをネズミから守る害獣駆除の目的としては平安時代よりも前から猫は飼われていたそうです。

室町時代になると一般的にも猫が飼われるようになった。

室町時代になると一般的にも猫が飼われるようになったそうです。しかし、数が少なかったため貴重なペットとして飼われていたそうです。

室町時代は首輪につないでをつけて猫を飼っていた。

室町時代は猫の数が少なく貴重な存在だったため、首輪につないで飼っていたそうです。この時の首輪ってどんな首輪なんだろう。

豊臣秀吉によって首輪につないで猫を飼うことが禁止された?

害獣駆除など猫本来の役目が果たせなくなる、という理由で江戸時代に豊臣秀吉が猫を首輪につないで飼うのを禁止したという話しがあります。猫が自由になってよかった。

人間と猫の距離が飛躍的に縮まったのは最近。

実は人間と猫の距離が大きく縮まったのは最近の話しみたいで、ノミやダニ対策ができるようになったのがとても大きいようです。

日本での猫ブームは2010年付近から。

2010年より前は犬の飼育頭数が圧倒的で猫は脇役でした。しかし、和歌山電鉄貴志駅の名物三毛猫、たま駅長がきっかけとなり猫ブームが巻き起こりました。2012年から2016年の4年間で飼いネコの頭数が30万匹増え987万頭に。2016年の調査では犬と猫の飼育頭数はほぼ同じで、いずれ飼い犬の頭数を抜くことが予想されています。犬の飼育頭数が減少しているのもありますが、猫の飼育頭数は確実に増えています。猫の餌代やグッズの売り上げなど、経済効果は非常に大きく「ネコノミクス」との造語がマスメディアを中心に使われる始めたりもしました。こうした需要からペット飼育が可能な物件も以前より目立つようになりました。

2017年よりねこ検定が実施

2017年からはネコに関する検定試験「ねこ検定」が実施。

最近、ねこ検定に受かったというツイートを見かけたけど、これのことだったのかな。そして2017年って最近過ぎる。